紙一枚で伝えられる日本文化~折り紙

留学で海外にいると、日本文化を紹介してほしいと頼まれる機会があります。

小学校や中学校だったり、教会だったり様々な場所で発表する機会がありました。

色々紹介したのですが、伝わりやすく、どの年代にも喜んでもらえるのは折り紙でした。折り鶴などは、みんなで作るのには少し難しいですが、プレゼントするとすごく喜ばれました。

みんなで作る時には、手裏剣などがシンプルで誰でも作れて、忍者の武器だということで喜ばれました。

日本にいると、ほとんどする機会がない折り紙ですが、海外の人からするととてもかっこよくて、憧れの文化のようです。

発表した様子が、地元の新聞で取り上げられたことも何度かあり、その時の記事は今でも大切にとっています。

折り紙はとても喜ばれるので、インターネットで調べて色々練習して、留学が終わる頃には、立方体や、動物など難しいものも沢山作れるようになりました。

紙はどこでも手に入るし、その紙1枚で日本文化を伝えられて、会話が弾むので是非機会があったらみなさんも、現地の人と折り紙してみてください。