留学前には健康診断を受けて、市販の薬の準備をしよう

留学先は環境が変わるので、体調の変化が起こることもあります。

普段、元気な人でも環境の変化で体調を崩してしまうこともあるので、日本にいるうちに健康診断を受けたり、歯科に通って虫歯を治療しておくことがオススメです。

準備に忙しくなると、ついつい病院へ行くことが後回しになってしまうので、早めにいっておいたほうがよいでしょう。

国によっては、定められた予防接種などもあるのでそれも事前にチェックしておいたほうがよいです。

一度に全ての注射が打てず、時間をおかなければならないこともあるので早め早めの準備が必要です。

検査など万全の態勢を整えても、現地で風邪をひいたり、お腹をこわしてしまうということはあります。

そんなときのために、日本から市販の薬を持って行っておきましょう。

国によって、薬の量や種類が変わるので、ふだん使い慣れている薬があると安心です。

頭痛薬、胃腸薬、風邪薬など基本的なものはそろえておいたほうがよいでしょう。

使うことがなければ一番いいのですが、備えておくにこしたことはないですね。