留学の持ち物で欠かせない日本食!

留学の持ち物で欠かせないのが日本食です。

大都市に留学する場合は、日本食が手に

入る場合も多いですが、現地では価格も高めなのでインスタントの味噌汁、緑茶など手軽に食べられるものを用意しておくのがオススメです。

体調を崩した時、ホームシックになった時などに日本食があると、それだけで少し気持ちが楽になったりします。

日本にいると毎日食べているので意識することもないですが、身体は日本食になれていてどうしても食べたい!という気持ちになることがあります。欧米に行った時だけでなく、中国へ留学したときも最初の1週間は現地の食べ物が身体にあわなくて、胃を壊していたのでそんな時に日本食はすごくありがたかったです。

小さなお菓子なども、少し持って行けばちょっとしたプレゼント、お土産にすることもできます。

ホームステイをする場合は、簡単に調理できる日本食がひとつくらいあると喜ばれます。

普段、日本で料理しない人は留学前にちょっと調理の練習をしておくとよいかもしれません。

中国のホテルは驚きの連続でした